二重整形治療を受ける|ぱっちり目元になれる

健康食品の選び方

ガッツポーズの女性

中高生がよく美容器具で二重まぶたを作っていますが、接着剤の成分で肌を傷めてしまうおそれがありますし、見た目がとても不自然です。また、水で濡れると一重まぶたに戻ってしまいますから、あまりおすすめすることはできません。見た目に違和感がなく、簡単に元に戻る心配がない二重まぶたになりたいのであれば、美容外科クリニックに行って二重整形手術を受けるのが一番です。福岡には、二重整形の仕上がりがキレイなことで評判になっている美容外科クリニックがあります。現実的なことを考えると、二重整形を希望する人の多くが10代や20代の若い女性です。実際のところ、福岡の美容外科クリニックで二重整形を受けている人の半数以上が20代以下の若い女性で占められています。年齢が若い人は、肌にメスを入れることに対する抵抗感が強いですし、あまりお金も持っていません。しかし、数年前から盛んに行われるようになった切らない二重整形手術であれば、若い女性でも気軽に受けてみることができます。

切らない二重整形手術には、埋没法という呼び名がつけられています。この呼び名は福岡限定のものではなく、全国共通のものです。埋没法による二重整形が行われるようになったのは、10年位前からのことです。メスでまぶたを切って二重のラインを作るのではなく、手術用の糸でまぶたの皮膚を固定して二重のクセをつけるだけの方法です。埋没法が誕生したばかりの頃は、術後すぐに一重まぶたに戻ってしまうケースが多発しました。しかし、その後に手術方法の改良が進められ、一重に戻りにくい埋没法が完成しました。切開法による手術よりもはるかに安い料金で二重まぶたになることができる上に、術後のダウンタイムもずっと短縮されるため、福岡の美容外科クリニックでは、埋没法による二重整形手術が大人気になっています。